睡眠不足の原因と影響

ロングスリーパー改善法!睡眠の質向上で睡眠時間を減らす!

更新日:

あなたは普通の人よりも多くの睡眠が必要と感じたことは無いでしょうか。1日平均9時間以上は睡眠が必要という方は、ロングスリーパーの可能性があります。

ロングスリーパーとは

睡眠時間は個人差が結構ありますが、平均的な人の1日の睡眠時間は一般成人で8時間前後です。しかしなかには9時間以上の睡眠が必要な人も存在し、そのような人はロングスリーパーと呼ばれています。

ロングスリーパーの人の割合は人口の5~10%と言われています。つまり10人~20人に1人の割合で、ロングスリーパーがいるわけです意外と多いですよね。

ロングスリーパーになる原因

ロングスリーパーの人には一定の傾向があります。神経質であったり物事を深くじっくり考える、心配性、など。

そのような人は睡眠が浅く、熟睡できていない場合が多いです。つまり睡眠の質が悪いため、長く寝る必要があるんですね。あのアインシュタインもロングスリーパーだったそうですよ。

ロングスリーパーの人は夢を見る頻度が非常に多いです。夢は主に浅い眠りの時に見るものですので、ロングスリーパーが深い眠りを得られていないというのは間違いありません。

いつも長い時間寝ないと疲れがとれない方で、ひんぱんに夢を見るという方はロングスリーパーの可能性があります。

神経質な方でもそうじゃない人でも、睡眠の質が悪い可能性はありますし、どちらにしろ睡眠の質が悪い場合は改善の余地はあります。ただ、睡眠の質には様々な要因があり、一概に原因を特定できないのも厄介ですね。

夜眠くなったり、朝スッキリ覚醒するには体内時計を整える必要があります。その為には生活のリズムを整えて、睡眠のリズムを出来るだけ正常にすると良いです。

体内時計を整えてグッスリ♪良質な睡眠にはリズムが大事!

睡眠は一定サイクルのリズムが重要です。睡眠のリズムを整える際のポイントとは?

続きを見る

また、良質な睡眠に大きく影響するのが自律神経の働きです。寝付く時間帯に副交感神経を優位にすれば、特に睡眠初期に深い眠りに入ることが出来、良質な睡眠を得る事が出来るようになります。

自律神経を整え良質な睡眠を!副交感神経を優位にする6つの方法

質の良い睡眠には自律神経の働きが深く関わっています。

続きを見る

睡眠はホルモンの影響も大きく受けます。睡眠の質を左右するホルモンは、睡眠ホルモンとも言われる脳内ホルモン、メラトニンです。メラトニンの分泌を正常化する事が出来れば、睡眠の質も向上します。

良質な睡眠には欠かせないメラトニンに関する5つのポイント

寝付きが悪かったり、寝られたとしても熟睡できずにすぐに目が覚めてしまったり。質の良い睡眠が得られていない人はかなり多いです。睡眠の質を上げる為に重要な役割を果たすホルモン。それはメラトニンです。

続きを見る

良質な睡眠が得られていない人は、寝付きも悪い場合がほとんどです。スムーズに寝付くことができれば、そのまま深い眠りに入ることができ、熟睡できて朝の目覚めもスッキリ爽快です。寝付きを良くする為には寝る前の習慣を見直す必要があります。

寝付きが悪い人必見!寝る前の体温調整だけで寝付きがスムーズに!?

寝付きが悪い人にとって、入眠までの時間は非常に苦痛です。しかし眠くなるメカニズムを理解し、習慣を変える事で寝付きは改善する可能性があります。

続きを見る

ロングスリーパーは時間を自由に使えない

ロングスリーパーの人は、9時間以上の睡眠を必要としますが、それだけの睡眠時間を毎日確保するのは容易ではありません。

しかし睡眠時間が不足すると、日中の生活や仕事などに支障が出ることもあります。眠りに多くの時間を取られる事で、自分の時間が確保出来なかったり、色んな意味で時間を自由に使えないです。

少しでも睡眠時間を短く出来れば、とショートスリーパーに憧れる人も多いでしょう。ショートスリーパーとまではいかなくても、十分にからだの疲れは癒しつつも睡眠時間を短くすることは出来るのでしょうか。

ロングスリーパー体質は改善できる可能性がある

あきらめずに睡眠の質を向上させれば睡眠時間の短縮も!

ロングスリーパーは、睡眠の質が悪いことが原因の場合睡眠の質を向上させることで睡眠時間を短く出来る可能性があります。ですので、ロングスリーパーだからと特別な対応が必要なわけではありません。

生活習慣を整えて睡眠の質を上げる手段を可能な限り実践すれば、改善する可能性は大いにあるのです。

睡眠で疲労回復できてない!?良質な睡眠の為の調整事項7選

睡眠は大事と分かっていながらも、不足気味な人が大半です。睡眠に充てることができる時間が限られている以上、その質を向上させるしかありません。そもそも、睡眠は量よりも質を重視するべきです。

続きを見る

とは言っても、睡眠時間があまり確保出来ないという人も結構いらっしゃると思います。そういう場合はスキマ時間などを利用して睡眠を確保するというのも有効です。

昼寝などは短時間で夜の睡眠に換算したら数倍の疲労回復効果が見込めますので、空き時間を上手に利用するようにしましょう。居眠りなんかは場合によっては危険でもありますので、昼休みの時間などに計画的に睡眠がとれれば理想的ですね。

短時間の昼寝で数時間分の睡眠効果!?正しい昼寝のコツ5点

昼寝は短い時間で夜の睡眠の1時間以上にも匹敵する場合があり、 時間があまり無い現代人にとっては是非取り入れたい習慣です。

続きを見る

少ない時間で大きな疲労回復効果!?マイクロスリープとは?

仕事が忙しかったりして睡眠時間が十分に確保出来ていないと、昼間の会議中なんかに一瞬意識が飛ぶ時ってありますよね。この時に脳は超短時間の睡眠状態になっているんです。

続きを見る

また、仕事の関係などによって生活習慣の改善が困難な場合も多いでしょう。一緒に生活する家族との調整も必要ですので、自分だけで何とか出来ない場合も多々ありますよね。

そういう人は、少ない睡眠時間でもリラックスして熟睡できるような睡眠サプリメントを使ってみるのも良い手段です。

安全に睡眠の質を向上できる可能性が高いですし、寝床に就く1~2時間前に飲むだけですので、誰にも邪魔されずに手軽に実践できますよ。

no image
不眠でうつ寸前だった私がやっと熟睡できた睡眠サプリを紹介します

私は長い間ストレスなどが原因で眠れない日々を過ごしていました。精神的にも肉体的にも疲れているのに、布団に入ると決まって目が冴えて眠れなくなっていました。 眠れないと精神的にも不安定になり、正直うつ病の ...

続きを見る

まとめ ― ロングスリーパーでも諦らめるのは早い

そもそもロングスリーパーの人は、熟睡できずに良質な睡眠が得られていない可能性が大きいです。そうすると、疲労回復が適切にできずに疲れが蓄積したり、肌の細胞修復が不十分で肌荒れの原因になったりと、様々な弊害を引き起こしかねません。

睡眠は人間にとって非常に重要な役割を多数持っている事を認識し、まずは睡眠の質を向上させるよう対策をとってみましょう。

睡眠は若さを保つ為にも必須!睡眠の重要な5つの役割

睡眠には心身ともに休息させたり、細胞の修復や記憶の整理など多数の重要な役割があります。適切に良質な睡眠を得る事が出来れば老化予防にもなり、いつまでも若々しく健康的に歳を重ねる事ができますよ。

続きを見る

睡眠の質が向上すれば、次第に短い時間でも十分な疲労回復効果が見込めるようになりますので、自然と睡眠時間を減らすことも可能になるでしょう。無理して睡眠時間を削るのではなく、あくまで自然に短縮する事が大事ですし、それでも1日8時間程度は確保するようにしましょう。

また、よりスッキリした目覚めを得るには睡眠のサイクルを最適化するのも有効ですね。

熟睡できない原因はレム睡眠とノンレム睡眠のサイクルに問題かも?

睡眠には周期があり2種類の睡眠を一定時間おきに繰り返しています。 それには理由があり、どちらの睡眠も重要な役割を持っています。

続きを見る

ロングスリーパーとは体質のことであり、病気ということではありません。遺伝的な要因の可能性もありますが、良質な睡眠が得られるような対策を実施すれば、睡眠時間を短縮出来る可能性は大きいです。

睡眠時間が短くて済むようになれば、使える時間の総量が増えることになりますので、今まで出来なかったことが出来るようになったり、メリットはかなり大きいです。

1日1時間でも短縮できれば、1ヶ月で30時間も使える時間が増えることになります。30時間といえば、約2日分もの活動時間が1ヶ月あたり増えることになるんですよ!これは大きいですよね。

睡眠の質を向上させることによるメリットは計り知れないです。

-睡眠不足の原因と影響
-,

Copyright© 睡眠サプリで眠れないを解消!不眠には睡眠サプリで朝まで熟睡♪ , 2017 All Rights Reserved.